イオンレジゴーの使い方レビュー!スキャン忘れ・ごまかし対策大丈夫?

スポンサーリンク

全国のイオン系スーパーに随時導入し始めている、スマホ精算システムの「レジゴー」。

自分で商品バーコードをスキャンしてかごに入れ、レジゴー専用レジでお会計もスムーズ。
買い物しながら金額も把握できるから、買いすぎ防止にもなるんです。

実際にレジゴーを使って買い物してみたら、とーっても便利だなと思いました。
反面、スキャン忘れのごまかしする人いるんじゃないの? という疑問もあります。

うっかりスキャンし忘れてしまうことってあるんですよね。

本記事では、イオンのレジゴーについて、使い方をレビュー!
また、実際に使ってみた感想もまとめてみました。

  • イオン レジゴーの使い方がわからない
  • 気になるけどレジゴーをまだ使ったことがない
  • ごまかしている人いないの?と疑問
  • スマホのアプリはどうやって使うの?
  • 近所のイオンで導入されてるかな?

こんな方におすすめの記事となっています。

スポンサーリンク

レジゴーの使い方をレビュー!【画像あり】

イオン レジゴーの使い方を簡単に説明すると、

  1. 端末をレンタルするか、スマホアプリを起動
  2. 商品をスキャン
  3. カゴに商品を入れる。
  4. レジゴー対応の精算機で会計。
  5. 自分でエコバッグ等に商品を入れる。
  6. レジゴーの端末を返却。

と、このような流れになっています。

では、実際に使ってみたので、使い方をレビューします!

①レジゴーの端末をお借りします。

レジゴー専用の端末をお借りします。
端末を置くことができるカートがあるので、そちらを使用しましょう。

②買い物スタート

スタートボタンを押して買い物スタートです。

 

③商品のバーコードをスキャンする

「スキャン」というボタンを押したら
「商品のバーコードを読み取ってください」と案内表示されるので、
商品についているバーコードをカメラレンズに合わせて、スキャンします。

 

野菜など、バーコードがない商品の場合は、
端末の下部に表示されている「バーコードの無い商品」をタップします。
すると、該当する商品が表示されます。
複数購入する場合は、個数を選択してください。

↓割引価格もちゃんと反映されていますね。

商品を戻したい場合は、金額の右上にある「×」をクリックすれば登録が削除されますよ。

④レジゴー専用レジで会計をします。

買い物が終わったら会計に進みます。
会計は、レジゴー専用レジで行います。

端末の下部にある「お支払い」をクリックするとバーコード読み取り画面になります。
レジ横にある、「お支払いコード」をスキャンします。

レジ袋を購入する場合は、先に購入しておいてくださいね。

「お支払い」クリック後に気が付いても大丈夫!
そんな時はスタッフさんを呼べば対応してくれますよ♪

お支払い方法を選択して、会計を完了させてください。
お支払い方法は、クレジットカード、WAON、各種電子マネー、現金と多様に対応しています。

⑤商品を自分でエコバック等に入れる

商品を自分で袋に入れます。

⑥レジゴー端末を返却

最後に、お買い物完了のQRコードをスキャンして端末操作を終了させます。
(※端末返却場所の近くにスキャンする画面があります)

レジゴーの端末を返却してお買い物終了です。

レジゴーはスマホアプリでも使える!

レジゴーはスマホアプリでも使えます。
お使いのスマホにレジゴーのアプリをインストールすればOKです。

スマホアプリでのお買い物も試しましたが、特にメリットはありません。
使い方はレンタルの端末と同じです。

次のような人はレンタルの端末を使う方をおすすめします。

  • スマホにアプリが増えてしまうのは嫌だ
  • アプリをインストールした時に、個人情報の入力をしたくない
  • ラインなどの通知が途中で入ってくると面倒だ

レジゴーを使う専用カートにはスマホ置き場が設置されていますが、私のスマホではサイズが合わなかったので、スマホを固定することができず、傾いたり、落ちそうになったりしました。使い方に違いはないので、レンタルの端末の方が楽だと思います。

レジゴーを実際に使ってみた感想。

レジゴーを実際に使ってみて良かったと思ったことは3点です。

  • 金額を確認しながら買い物ができるので買いすぎを防げる
  • 商品を画面でチェックできるので買い忘れ防止になる
  • レジゴー対応の精算機でスムーズに会計ができる

節約を心がけているので、金額を確認しながら買い物できるのは嬉しいですね。
ついつい買いすぎてしまうのを防ぐことができます。

しかし、買い物スタートしてからお会計が終わるまで、全てお客任せです。

専用の精算機エリアにはスタッフが1名いました。
精算機の使い方に困ったときなどはサポートしてくれますが、基本的にはスタッフが全く関わりません。

スタッフが商品の点数を確認するわけでもないので、
スキャンし忘れた商品があった時はどうするのだろう??
という疑問がありました。

ごまかして盗難する人もいるのでは?

現状は、防犯カメラや警備スタッフによって盗難は監視されているようですが、
うまくすり抜ける人はいるのではないかと思ってしまうほど、セキュリティは万全ではないように感じました。

会計の時にさりげなく、スタッフの方に
「スキャン忘れがあったらどうするんですか?」と聞いてみたら…

「確認はしてるんで大丈夫です」と一言。

確認ってどうやって????

と思ったのですが、あまりしつこく聞くと盗難しようとしているのでは?
と疑われても嫌なので、それ以上は聞けませんでした(-_-;)

イオンのレジゴーが利用できる店舗はどこ?

イオン、またはイオングループの店舗でレジゴーが利用できる店舗が増えています。

まだ全店舗ではないようですので、お近くの店舗がレジゴーを利用しているかどうか
事前にチェックしたい場合はこちらから確認できますよ。

レジゴーが利用できる店舗一覧

まとめ

レジゴーを利用できる店舗はこれからも増えてくると思います。
まだご近所のイオン店舗でレジゴーが利用できない方は楽しみですね♪

店舗の専用端末とスマホアプリ、どちらも使ってみましたが、使い方は同じです。
特にスマホで使うメリットは感じません。
アプリをインストールしなくても店舗で専用端末をお借りすればいいと思います。

ただ、貸出端末の数にも限りがあるので、もし混雑している場合は
ご自身のスマホアプリが使えると便利かもしれませんね。

まだまだセキュリティ面では万全とはいえないように感じました。
店舗にとっても、利用する側にとっても、安心してお買い物ができるように
改善されていくといいなと思います。

個人的にはレジゴーのサービスは、
買い物しながら金額が把握できるのとお会計がスムーズな点が
とても良いサービスだと思っています。

イオンスーパーは品数豊富、安い、オーガニック製品が豊富、レジゴーが使える
ということで節約にも助かるので、今後利用する機会が増えそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました