おせっかい不動産とは?場所はどこ?ワケアリの人を救う不動産4選

スポンサーリンク

メディアで度々取り上げられる「おせっかい不動産」。

おせっかい不動産ってなに?  と初めて聞いた人のために

「おせっかい不動産」とは
「おせっかい不動産」の場所はどこ?

について調べてみました。

本記事では生活困窮者などを救う
「おせっかい不動産」4人に注目し、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おせっかい不動産ってなに?

おせっかい不動産とは、
高齢者、シングルマザー、DV被害者、
生活保護受給者など、事情を抱えた人に
物件を紹介してくれる不動産会社のことです。

様々な問題を抱えた人に物件を貸すには、
家賃を払ってくれるのか、

という問題の他、
それなりのリスクを抱えてしまうことから、
貸してくれる不動産会社は少ないといいます。

生活保護受給の申請をするには、
住む場所が決まっていないとできません。

物件を借りたくて不動産会社を訪れても、
門前払いされてしまう…

そのような方々を救ってくれるのが、
「おせっかい不動産」
と呼ばれる人(会社)たちです。

「おせっかい不動産」はどこにあるのか、
調べてみたところ、メディアでも
特集されたことのある会社がありました。
その中の4人を紹介したいと思います。

神戸市のおせっかい不動産・アフロの高橋さん

神戸市にある、多世代型介護付きシェアハウス
「はっぴーの家ろっけん」。
ここには「おせっかい不動産」
という不動産事業があります。

不動産事業者として活動するのが、
アフロヘアが特徴の高橋大輔さんです。
「ザ・ノンフィクション」で紹介されました。

ワケありのお客様を歓迎し、
希望の物件を見つけてくれるだけでなく、
入居後も「おせっかい」していくというスタイル。

株式会社Happy
介護付きシェアハウス「はっぴーの家ろっけん」
兵庫県神戸市長田区二葉町一丁目1-8

横浜市のおせっかい不動産・齋藤さん

横浜市青葉区の「おせっかい不動産」
アオバ住宅社・代表の齋藤瞳さん。

育児が落ち着いたころに不動産会社で
アルバイトを始め、
そこで生活保護受給者の男性の物件探しの
相談にのったことがきっかけで、
生活困窮者の役に立ちたいという思いから
不動産仲介会社である「アオバ住宅社」を立ち上げました。

アオバ住宅社
http://www.aoba-jutakusha.jp/
神奈川県横浜市青葉区桜台25番地1 桜台ビレジ ショッピングコリドールR1
電話番号 045-482-6646
FAX番号 045-482-6645

座間市のおせっかい不動産・石塚さん

神奈川県座間市の「おせっかい不動産」
株式会社プライムの代表取締役 石塚惠さん。

異業種から転職して不動産会社に勤務。
生活困窮者のお客様の担当となったが、
物件を貸してくれるオーナーがいなくて、
何件も断られることを知り、
困っている人をなんとかしてあげたいという気持ちから
独立して会社を立ち上げた。

すぐ隣には、高齢者などの生活困難な方を
サポートしている、NPO法人ワンエイドがあり、
双方のアプローチでサポートしている。

フードバンクの活動もしています。

株式会社プライム
https://prime2421.com/

〒252-0001神奈川県座間市相模が丘4丁目42-20
TEL:046-259-9714 FAX:046-259-9514
営業時間:9:30~18:00
定休日:水曜日・日曜日 / 年末年始、夏期休暇
代表取締役 石塚惠

石川県金沢市のおせっかい不動産・谷村さん

石川県金沢市の「おせっかい不動産」
株式会社エリンク・代表は谷村さん。

子育て世帯、母子家庭、高齢者、生活保護受給者、
障がい者の方に特化した不動産会社。
代表の谷村さん自身がシングルマザーであることから、
寄り添ったサポートができる。
大家業もしていて住むところがない人に一時的に住んでもらうことも。

株式会社エリンク
https://www.alink-kanazawa.com/

〒921-8005石川県金沢市間明町2丁目345番地1
営業時間 9:30~18:00 定休日 日曜日・祝日
TEL 076-259-1223 FAX 076-259-1243
代表取締役 谷村 麻奈美

まとめ

「おせっかい不動産」について調べてみました。

高齢者、シングルマザー、障がい者、
生活保護を受けている方など、
様々な事情を抱えた人が多くいます。

住む場所を求めて不動産屋に駆け込んでも、
何件も断られる…

リスクを避けて、物件を貸すことを拒む
不動産会社が多い中、今回紹介した方々は
とてもすばらしい活動をされていますね。

みなさん、「放っておくことができない」
という気持ちが共通しているように思います。

入居したら終わり、ではなく、
その後の生活も見守り続けてくれるのも素晴らしいですね。

「おせっかい不動産」がこれからもメディア等で話題となり、

活動を知って、物件を貸してくれる大家さんが増えるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました